「茫茫と影を踏む」(冨士高等学校「富友会」寄稿)

  茫茫と影を踏む  

                  

 秋富士の車窓に流れ故郷(くに)流る

秋の富士山は赤紫色に燃え立つ。これを見たことのない他府県の人には、話してもにわかに信じられない。裾野に暮らしていれば当たり前の風景が、何年も離れていると旅行者のように静かな感動を呼び起こす。車窓に流れる風景は、そこにわたしの不在を告げている。自分の卑小さを識るたび、富士山は大きくなってゆく。長い大阪と東京を行き来する生活。乾いた砂の時間が流れるように故里は車窓に流れていった。

 医学者の静かなる自死山眠る

 頭のいい男だった。大学の医学部で小児科医として研究。脳性小児麻痺患者に特有な脳にある疵を発見した。世界的発見であった。山陰地方の大学にいたときは何度か訪ねて遊んだ。夭逝を悼み心底哭いた。高校時代、彼に唯物史観を教えられたが、人間の意思・主体が歴史を動かすというわたしの持論と衝突した。しかしいつも彼の方が正しいのかもと内心思った。須津の自宅に帰るにいつもわたしの自宅の柚木経由で帰った。若き日の彼との論議は、結局わたしの思想的原風景となった。 

散骨の海を見ており時雨けり

 葬儀には出られなかった。亡くなる三か月ほど前に京都へいきなり来られた。二日間京都見物に付き合い、旧交を温めた。帰りに酷い集中豪雨がきていて、新幹線が大幅に遅れた。確かに今生の別れのように、お互いの姿が見えなくなるまで手を振りあった。そして一周忌に散骨の駿河湾を前に黙祷。BMWで同行してくれたのはN君。彼も既に鬼籍に入られた。彼は幼稚園からの幼馴染、何でも話せる奴だった。癌を患ってから回復したようにみえたが、定期的に電話を入れて励ました。そのたびに彼は大丈夫だと明るく笑った。

  自転車で捜す昭和の麦藁帽子

平成に入り、何かが剥落していくようだった。みごとな青田を渡る風、黄金色に染まる農道を自転車で走り抜ける、そんな昭和に見慣れた故里の風景は徐々に変質した。故里を遠くで想えばカセクシスの哀切。

ふるさとの糞を踏み抜く風芒

もう故里にすがっても誰も助けてくれない。お前は何をしてきたのだと、風が問う。中原中也の詩が染み入るばかりだ。思い起こせば、結局逃れるようにこの町を出ていったのだ。おどろおどろしい因習を捨てて、同時にぬくもりも捨てた。甘い姿勢で歩けば、故里では糞を踏み抜く。茫茫と吹きすさぶ芒野に。

 時雨中シャッター街の痩せし犬

 二〇〇〇年を過ぎた頃だっただろうか、ある雑誌に富士駅前のシャッター街の写真が載った。富士登山客が見事なシャッター街だと驚いて投稿したものだった。友人にきくと、もう富士には映画館もないのだと。なんという文化的不毛の荒地となり果てたのかと嘆いた。そのシャッター街にずぶ濡れになって、駄犬がうろついていた。よく見れば、それはわたしであった。わたしも犬になるくらいなのだから仕方ないか。

 友逝きしを蜩の告ぐ異郷かな

 故里の死者をふやせり吾亦紅

 そして還暦も過ぎると、故里から、他郷から、便りは友の死亡通知が増えていった。青春を熱く共有した者も、顔と名前の結びつかない淡い交友の者も、等しくなくなり、等しく同じトーンでわたしの下にもたらされた。それは改めて自分の来し方を見つめ直させた。

 日の没りのここより故郷花すすき

 「ここより」とはどの辺りか。地理的概念でありながらそうではない。既に尾骶骨が根を張った今の生活域を、意識が混迷した折にふと現れる非在としての故里だ。原風景といってもいい。個としての生成の連続と非連続に立ち現れる辺りであろう。

高校時代の孤独なベトナム反戦雑誌編集、それに対するNHK教育テレビの取材を学校側が禁圧、その挫折の記憶に齢とともに回帰してゆく。

 古稀を機会に、俳句と社会評論誌『奔』を発刊。何者にも阿ない自立した書き手とともに「わたくし」自身であろうと奮闘している。

(富友会会誌NO.72)

告知-「奔編集室」のブログを開設しました。

個人誌『奔』に関するお知らせのためのブログを立ち上げました。

 

未だ3号ですが、告知や編集メイキングのつぶやきを記述してまいります。

 

ご興味があればご発注いただけると有難いです。

奔編集室 

https://hon-shikou.hatenablog.jp/

 あるいは、

右上の「haigujin」をプルダウンして、

「奔編集室」をクリックすると開きます。

山本太郎を次の選挙で、衆議院へ送ろう!

山本太郎は本物になった。

この低投票率のなかで、浮動票を97万票かくとくした。

しかも、自分は落選しても、

身障者に国会で政治させようという戦略は途轍もない深く広大な思想だ。

もう何も語るまい、

これ以後はれっきとした政党として露出できる。

大いにマスメディアで語って欲しい。

 

私は、太郎を衆院に送りたい、

その準備をはじめよう。

this.kiji.is

山本太郎のれいわ新選組が本当にフィーバーを起こしている!!

www.youtube.com

れいわ新選組が、ネットだけの狭い範囲でのフィーバーかと思っていたが、

どうも巷でもフィーバーがおきているようだ。

東洋新報の報道では、他の演説会場とは違った熱気を帯びた、独特の雰囲気を醸していると報じている。

後半には、メディアも取材にぞくぞくと来るようになったが、

総務省諸派は放映するなというらしく、放映はまったくない。

この件はTBSへも抗議電話を入れたが、

たしかな返答はスタッフからはなかった。

有権者は、等しく投票対象になるわけだから、TV局が独断で線引きする合理的な根拠はないだろうと言ったが、返答はなかった。

 

さて山本太郎は、全共闘の良質な部分を深化させていると筆者は勝手に思い込んでいる。

それは、既存の政党の在り方を超えていくモチーフをもっている点です。

選挙にこういう党派が登場したのは初めてでしょう。

党残存を前提に政治をしない。

課題には、党という自己利益を前提にして当たらない。

献金を透明化し、その人々への代理責任としてのみ行動する、ということでしょう。

そこには与野党との安易な妥協はできなくなるし、

もちつもたれつの特権性を自ら排除する、ということでしょう。

太郎は、自分達を「ややこしい連中」、「怖い物知らずだから」と自嘲気味に述べます。

海外メディアも、日本に新しい政治活動が生まれていると伝えているようです。

なんとか、5議席を確保し、諸派扱いを抜け出して欲しいと思う。

おそらく、自民党はもちろん、野党のヌルい自民党のような特権性を崩していくことになるだろう。

参院選挙に格別のコメントはない-自公と維新がなくなればよい、できれば全ての政党が無くなって欲しい

選挙のコメントが欲しいと言われても、言い続けてきたことばかりだからあってもないようなものだ。

新聞も週刊誌も読まない筆者は、状況自身がミクロでは解らない。

なにしろ参院選に、特定枠ができたなんてことも、二三日前に(選挙中盤)知ったくらいだ。

ただ選挙情報がわからないから、政治に関心がないということではない。

人一倍、というかライフワークが政治社会を分析していくことだからである。

 

昨日、TBSのサンデーモーニングへ電話して注文を付けた。

メディアで仕事をしてきた経験から、視聴者からの電話は一番敏感に反応するのがメディアだからである。

TVはスポンサーも怖いが、もっと怖いのはやはり視聴率が取れないことだからだ。

右翼の歴史戦と称して、彼らの言う「反日番組」へ集団で抗議電話をか:

ることを運動にしていた。

その先鋒が安倍晋三であったことはよく知られている。

NHKが典型だが、安倍の「妾」になった岩田記者が局内弾圧を徹底し、「中国電子台」なみに落ちたことは周知のことだ。

 

TBSの原因はなにか、

この参院選の「特定枠」は、「自民党以外活用している政党はない」という女性アナの説明についてであった。

れいわ新選組は活用しているではないか、説明に間違いがあった、

と言うと、

番組スタッフは、いやテロップでは出ていたはず、

説明は諸派はすべてカットしています、との説明であった。

 

筆者は、

それは困る、ちゃんとすべての政党について説明して欲しい、

なぜなら、選挙民からすれば政党の大小ではなく、等しく投票対象であるからだ。

なぜ、TV局の独断で重要な情報をカットするのか、合理的根拠があるのかどうか。

これにはハー、ハーというだけで返答はなかった。

 

お笑いや、食レポなどどうでもいい番組を大量に垂れ流しながら、選挙期間中くらい集中的に細目の情報を伝えて欲しいものだ。

 

その点では、最も右傾化したテレ朝ではあるが、羽鳥モーニングショーは健闘している。

今朝も選挙の争点である自民党改憲問題を木村草太教授を招いて詳細の検討を流した。先日も年金問題を取り上げたし、選挙期間に呼応した時宜をえたものであった。

玉川君がいつ外されないか、気にしながら、ほぼ毎日評価を番組宛のツイッターで褒めている。もちろんダメなコメンテーターには論点を指摘してツイートしている。

リベラルなコメンテーテーを守る方法も、視聴者からのエールだからだ。

政治家も報道記者も、結局サポーターが育てるのである。

これが日本人は圧倒的に弱い。任せて文句だけ言う。

 

いまこの日本人の弱点を克服しようという運動形態を模索しているのが山本太郎のれいわ新選組だろう。

バックのスタッフになかなかの人物がいるように想定できる。

発言が、吉本隆明の根本思想の数々がみられるからである。

彼は意識していない、普通の勉強の中で、当たり前のものとして受容したと思うが、見る人がみれば、吉本隆明の生活思想が根底に敷かれていることが分かる。

とにかく、既存の政党体質と、生活保守の共産党支持者から自民党支持者まで、一括して乗り越えようという「政治主義からの転換」を意味しているから、擁立した候補者をみれば素晴らしい人材ばかりである。

ただ、政策について消費税問題は、原理的に正しすぎて異論はある。ここでは長くなるので控えるが。

 

筆者は、約半世紀前、1970年前後、

戦後民主主義は不徹底である」として、学生青年労働者とともに闘争を行った。

社会党(というリベラリ最大野党があった)、共産党進歩的文化人朝日新聞などリベラルもどきのマスコミは、「戦後民主主義を守れ」といって学生運動を潰しにかけた。

闘争の対象そのものを打倒する直前まで行くと、

暴力はいけない、

議会政治を守れ、

戦後民主主義を守れ」といって、

それらが戦後民主主義の「すべて」のように喧伝して、

直前で自党保全に明け暮れた。

 

外形的政治体制は貴重ではあるが、傀儡政権だって外形的民主主義は成立させている。

筆者らは、「実質の民主主義」が欲しかったのだ。

 

そんなわけで、延々とそんな政党どもが織りなす選挙に、

気持ちが入るわけはない。

しかし、だからていって、森友学園事件でのとりあえずの勝利はそれらを支持する人たちとの共闘でもあったことを、無視するものではない。

 

合法がすべてではない、

政治改革には、

日常保守からの覚醒的契機(ベンヤミン)も必要で、

SEALDs(元メンバーは改憲論を主張)のように規制デモから逸脱したデモ参加者を自ら叩きのめすようなことをしている限り、

擬制としての民主主義」に騙され続けるだろう。

「われわれ」の側には、金がない、

「やつら」は金も支配権ももっている。

政治のダイナミズムは、多様な運動形態を容認することでしか効果は引き出せない。ホンコンの学生人民をみればわかることだ。日本人は安全な場所で、言論ポジションを守れば民主主義だと錯覚してきた。

擬制の民主主義」に慣らされ、いつまにか戦争のできる国にしてしまったのである。ネオファシズムはもっとソフトに巧妙に近づいてくるのだ。戦前のむき出しの暴力はとらない。

その意味でも共産党文化左翼は、時代認識が古ぼけている。

 

映画「新聞記者」のエンディングのシーンで、

内調の局長が吐いたセリフを、よく噛みしめる必要がある。

日本には「民主主義の形だけあればいいのだ」。

現場が毀れているシリーズー若者のスキルが⋯

現場が毀れている、シリーズ。
とうとうシリーズ化になってきましたよ(笑)。

実はアップしていないが、少し長くなるのでそのうちにと思っていて、

未だ書ききれていない毀れている話ー郵便局のお粗末な話があります。

なので、私としては、シリーズ化と思わず口を突いて出てしまったわけです。

郵便局は若い職員どころかベテランの局長が毀れていた。

そのうちゆっくり書きます。

 

町の医院に行ってきました。

血液検査で血をとることになりました。

若い看護師さんが、血管を捜すのですが、なかなか特定できない。

いら立って来たらしく、えいやと針を突き刺してきた。

見事に外れました。

またさすって捜します、
またあった、と言って、突き刺しました。

お見事、といいたいのだが、

トロトロと少量流れて止まってしまいました。

針を突き刺してたまま、なんやかやいじるがだめだ。

もう抜いてもらって、お断りしました。

ベテランの年寄りの看護師さんが、追いかけて、

もう一度取らせてほしいと困り切った顔で言う。

特に希望した検査でもないから、
(俺がガンになるわけがない)
お断りして帰ってきた。

今日見ると、

f:id:haigujin:20190711083830j:plain

内出血迹

大きく内出血て、痛々なってしまいました。

何処へ行っても、若い人の現場がおかしい。

 

おそらく、スキルの伝承が上手くいかなくなったのではないか。

政治の劣化ばかりか、ぜひ生活の劣化は食い止めたい。