政治社会経済

中東のコロナ防疫体制は未だに徹底しているー中東からの報告。

ビジネスコンサルタントの知人O.Y氏からの報告を紹介しておきます。 各国ともまだ徹底した防疫体制をとっており、日本の甘さが不安になります。 【新型コロナ予防情報】 アラブ首長国連邦(UAE)ドバイは、今年7月から新型コロナウイルス感染拡大抑制のための…

菅義偉のナチスドイツ同様の学術会議候補任命拒否を糾弾する!!

焚書坑儒まがいのファシズム体質を、菅義偉は現しはじめた。 菅は任命拒否するなら、その正当性についてキチッと説明すべきだ。それが国民の選挙による信託を盾に根拠づけしているようだが、それは正当性があるか国民に問うために理由を説明しなければおかし…

菅義偉=竹中平蔵による国家売却による日本国の実質的終了!!

とうとうネオリベの亡霊竹中平蔵の仕掛けた亡国が完成する。 竹中平蔵は小泉政権下の総務大臣、副大臣が菅義偉であった。 このコンビが、外資や産業や公共資産を売り飛ばしてきたが、ここまで私服を肥やす際限のない欲望をあらわにすることには戦慄する。 今…

近刊本の紹介―高橋雄造著「高校生運動の歴史」明石書店

新刊本のご紹介です。 高橋雄造著「高校生運動の歴史」明石書店 ¥6300 近々出版されます。 著者は科学技術史家、1961年高校生安保体験者のようです。 1961年日比谷高校卒業後、勤評闘争を闘った方だと、教育ジャーナリストの小林哲夫氏が紹介しております。…

ガブリエル・ズックマン―「富裕層への課税」こそが世界を救う!!

気鋭の経済学者ズックマンが語る「格差はなくせる」(1) 米巨大企業の「隠し財産」64兆円を発見したトマ・ピケティの弟子 2016年、世界の富裕層による何兆ドルもの脱税を暴いた論文で一躍、脚光を浴びたのがフランス出身の若き経済学者ガブリエル・ズックマ…

菅義偉総理候補の「デジタル庁」公約の秘められ意図は何か?

自民党総裁選が開始。 3400円のホテルのカツ重を食って出陣式とか、そんな高いモノ庶民や年金生活者が食えるものか。 小生など、年金支給開始から、現在月4万円も社会保障費が増えて、5年間で「実質支給額」が低下している。 いわゆる税金は年間25%が引かれ…

ユーミンにたいする批判、白井聡氏への橋下徹の批判はブーメランワッハッハー

白井聡氏の松任谷由実に対する「死んでほしい」発言が炎上している。 目立ちたがり屋の安倍友右翼橋下徹が、「知性」がないとディスっているからだ。 この橋下に賛意のコメントがかなり寄せられたが、くだらなすぎる。 橋下の言う「知性」など、ただアホとい…

安倍晋三の私物化政治の完結―自民党さえも私物化し嫌いな人間は排除する選挙方式に。

安倍一派の最後の仕上げが、自党の党内民主主義まで破壊することだ。自分の利益のための人選をするためなら党内民主主義を破壊するようだ。 石破外しのために、両議院総会で、党員排除して総裁決定する方向へ向かっている。 安倍の自民党私物化のなにもにで…

白井聡さんの安倍晋三退任についての感想(忘備録)

白井聡さんが、白井節炸裂されています。 大変共感しますし、また核心をついています。 ただ、天皇の代替わりにおける、憲法解釈改憲は、時代を象徴する九条と並ぶ戦後体制の要を壊したという意味で、かなり重大問題なのだがそこは余り触れられていません。 …

目黒区第9中学校高橋副校長の高校生への弾圧事件ー日本自治委員会HPのご案内

jpjichi.wixsite.com この卑劣な高橋副校長の告発は日増しに強まっています。 ネットには、過去に高橋にパワハラを受けた精神的肉体的被害があったことの告発も出てきており、人権蹂躙の常習者と思われます。 幼児性愛と同じく、この手の性癖は教育者の適確…

東京都飲食店コロナ対策ステッカーはただのお札、詐欺店だから要注意❕

東京都のコロナ対策適正店ステッカーは、なんの意味もない。 禍除けの護符みたいなもんらしい。 店主がネットからダウンロードするだけで貼れるとのこと。 都庁のチェックも何もない。 貼り得、だけ。 酒好きの皆様はくれぐれもご注意ください。 こういうデ…

高橋副校長は、第9中学校の教育理念を逸脱している、欠陥教師の疑いがある?

高校生を私人逮捕した高橋副校長のいる目黒区第9中学校の教育目標は、HPにはこのように書かれている。 * 人間尊重の精神を基調として 自主 主体的・対話的な深い学びをする生徒を育成する。 努力 あきらめずに向上心をもって努力する生徒を育成する。 信…

目黒区第9中学校高橋副校長のファッショ的高校生弾圧を糾弾する❕

東京の目黒区第9中学校で前代未聞、とんでもない事件が起きている。 高校生が、学校の授業問題で、配慮に欠ける人権問題ではないかと訴えるビラを街頭で配布。 場所が目黒区第9中学校の近くだった。 すると、その中学校の高橋副校長が、なぜか校外まで出張…

厚労省保健所は相変わらず重症患者にしかPCR検査をしない、という医師の告発!

筆者が、保健所で理不尽な対応をされて、抗議のブログを書いたのは2月のことだった。 その後少しは改善したのかと思っていたが、どうもそうではなく相変わらず厚労省保健所は、市民の医療システムの外にたって研究的観点で対応していることが市中病院に混乱…

太田隆文監督の「都知事選に思い出したこと」―リベラル正義のアポリア

『奔』5号の編集も佳境にはいってきました。 沖縄戦を豊富な最近発掘された史実を駆使して、太田隆文監督が映画『沖縄戦』を撮られました。 今号はプロモーションを兼ねて、この作品への思いを寄せてくれています。 また太田監督の反原発映画「朝日のあたる…

都知事選小池タヌキの圧勝―山本太郎が悪いというのは既得権益層の証拠!

都知事選は、たまもや小池百合子対抗勢力の一本化ができずに大敗した。ツイッターでその総括をめぐり学者、ジャーナリスト、文化人と激しい論戦になった。小生と太田監督以外は、ほとんど山本太郎バッシングとなった。山本一本化で内々に進めていた、それを…

図書館職員の説明が納得できない、独善的ではないのか?

図書館とは何か、疑問がいつも出て、豊中図書館員と話すといつも後味が悪い。一冊もったいないから、新品本を寄贈したいが、蔵書がだぶるといけないからちょっと調べてほしい、というとこのような答えが返ってきた。受け取りますが、不要なら廃棄処分します…

コロナ対応、11年前の教訓放置、組織防衛優先で遅れ(日経電子版)

2020/6/9 2:00 (2020/6/9 5:31更新)日本経済新聞 電子版 新型コロナウイルスの猛威に世界は持てる力を総動員して立ち向かう。だが、日本の対応はもたつき、ぎこちない。バブル崩壊、リーマン危機、東日本大震災。いくつもの危機を経ても変わらなかった縦割り…

山本義隆さんは、「コロナとオリンピック」にこんな風に思っている

元東大全共闘議長の山本義隆氏が、新型コロナパンデミツクに簡単な感想を述べています。 実にわれらが世代の共通認識は、思想的にも強い紐帯を感じさせてくれるものです。 そのままコビー掲載しておきます、思考の一助となれば幸いです。 コロナとオリンピッ…

防衛とパンデミックを混同する改憲「緊急事態条項」は味噌糞一緒

山梨県の20代女性の乱行は、一種の傷害罪に相当する。 こうした事例を盾にした改憲の「緊急事態時要項」は意味をもたない、的外れだし、国民のためにはならない。 しかし、近代国家である限り、「自粛要請」という道徳ないし同調圧力による国民同士の監視…

鈴木康裕(厚労省医系総監)が国民を殺していく、利権と権力まみれの新型コロナ対策!

PCR検査をしなかったことが感染の蔓延を招いたのは明らか! 緊急事態宣言の全国拡大は不適切で無責任!~岩上安身による医療ガバナンス研究所理事長上昌広医師インタビュー第3弾 厚労省のコロナ対策のラスプーチン、医務総監鈴木康裕。(医系技官のトップ) …

日本製PCR検査機器がフランスで大活躍、フランス政府より感謝状ーの驚嘆!!

最新のPCR検査機器を日本のメーカーが製作している。 日本ではほとんど使われず、政府は検査自体を絞り込み、「医療崩壊」を国民への脅迫に使い院内感染をかえって発生させ、市中感染を拡大させた。 安倍総理が、2万件に増やすと言いながら、一向に増え…

東京都小池知事の無策と医療崩壊を区長が告発ー大阪府も似たようなものではないか⁈

大阪府も各市の対策を一元化し、厚労省方式をほぼ未だに保守しているが、検査数がいくらか増えてきたとはいえ、各市町村に府の取っている対策が情報共有されているのだろうか? 市の保健所にきいても、「言えない」、「今の段階は教えることはできない」、「…

松井市長の新型コロナ対策の雨合羽政策は、医師看護士を危険にさらすものである!!

さすがはジャニーズだ、宣伝ーgoodwill形成戦略だとわかっていても、やり方がスマートでトレンディーである。 言いたいのはそこではなく、 防護服があるではないかー!!防護服はあるところにはあるのだ!! 松井市長は、雨合羽集めて、医師看護士を危険にさらす…

御用医師・御用ジャーナリストの仮面が、コロナ感染拡大の現実によって次々に暴かれる!

村中璃子が、いきなりブロックしてきた。原因は以下のtweetに泡をくったのだろう。 「あんたな、散々検査重症化限定論を主張して、結局感染拡大と医療崩壊を導いた、自説訂正と謝罪くらいしたらどうや。いままた変な排外主義で中国叩きか、たいがいにせ…

コロナピークを前に住吉病院が本日解体開始!ベッド不足は維新の政策!

豊中市は一昨日時点で、7人感染、過去最高。大阪府も200人近く過去最高を記録。 松井市長は、市民からの雨合羽が沢山集まったと満面の笑みであった。 協力した市民も善意の自分に酔いしれたことだろう。 しかし、医療関係者はこれで半殺しの目に合う。政…

新型コロナ対策中間レビュー、「疫学は疫学で、倫理で語るな」。

吉本隆明の箴言が改めて光る。 吉本の「反原発運動批判」を批判し、吉本は原発継続を肯定している、という頓珍漢な批判を誤読だと書いた。(『俳句のアジール』) このコロナ問題をみていると、 もっと単純に理解できるだろう。 「疫学は疫学で、倫理で語る…

千葉市長が緊急事態宣言に合わせて警察出動を要請!

前回提起した、この期間の「警察権力」の動きです。 私は千葉市長がどういう人か知りませんが、行政からは当然何らかの要請が警察にはいくだろうと、見ていました。 大阪のようなヤンキー府市長が真っ先にやるだろうと思っていたからです。 ところが今のとこ…

厚労省(LINE)のアンケートのピンボケ、安倍コロナ対策に殺される恐怖の日常。

今日も東京は感染者が100人を超えたそうだ。いよいよ大変なフェーズに入った。 LINEから二回目の厚労省アンケートがきた。内容は一回目と同じ、ピンボケ。 今日も近所を散歩し、隣の客のこないカフェを書斎替わりに沈潜している。 住宅地だから、普段…

新型コロナ対策スターバックスコーヒーから来た、遅すぎるだろう。

スターバックスコーヒーから以下のメールが届いた。遅すぎる、あれだけリスクの高いといわれる若者が利用する企業にしては呆れる。先日、北千里のイオン横にある店から女性従業員が感染発覚したことや小池知事声明で、やっと対策を迫られたのであろう。 もう…