吉本隆明追悼文(蒐集資料)録

追悼 吉本隆明。2012年3月16日午前2時13分肺炎のため東京都文京区日本医科大学付属病院にて逝去。87才。
・単行本
 ◦『吉本隆明の訃報に接して』(「俳句のアジール」現代企画室2016年)望月至高

  • 朝日新聞
    • 16日夕刊「市井の言葉戦後問う−吉本さん論争・安保・大衆論−自立の思想・関係の絶対性…評論と詩と」、コメント見田宗介「残した足跡は不滅」、中沢新一「知識人の病照らす」、よしもとばなな「最高のお父さん」
    • 17日「余禄」
    • 〃 「天声人語
    • 〃 「編集手帳
    • 18日ニュースの本棚中「価値一般を串刺しにする思考−吉本隆明の経済学」中沢新一
    • 19日文化「思想の『後ろ姿』みせてくれた−吉本隆明さんを悼む」高橋源一郎
    • 27日文芸時評「大衆に寄り添うがゆえの変貌 / 丸山よりも「近代主義者」カンサンジュン
  • 毎日新聞
    • 16日「大衆に寄り添った巨星−常に『現在』問い−全共闘世代の『教祖』−権威主義に反骨通す」、コメント笠原芳光「思想界最高の人」、?「ねじれ突き崩す」、田中和生「倫理担保で功績」
    • 19日文化「『誤り』『遅れ』から戦後思想を築く」加藤典洋
    • 21日文化「吉本隆明さんを悼む『態度の思想家』の凄みとやさしさ」中島岳志
    • 23日なるほドリ「筋道ある深い考え持つ人−独自理論が光った吉本さん」大井浩一(学芸部)
    • 28日文芸時評3月「吉本隆明の死−現実に左右されない思想−戦後文学がもたらした恩寵」田中和生(文芸批評家)
    • 4月4日ことばの周辺「吉本さんの孤独−『原点にあった喪失体験』大井浩一(学芸部)
  • 京都新聞
    • 夕刊「吉本隆明氏死去−評論家戦後思想の巨人」、コメント山折哲雄「自前の言葉稀有」、梅原猛「独創的な思想家」
    • 16日夕刊7版「吉本さん死去−全共闘世代のカリスマ−徹底した大衆目線」、コメント橋爪大三郎「いつも導かれた」
    • 16日 〃 3版「吉本隆明さん死去−『共同幻想論』戦後思想を牽引」コメント梅原猛「世間にこびず」
    • 27日文化シリーズ吉本隆明がいた1「徹底した単独者のすごみ−態度自体が思想そのもの」中島岳志
    • 28日 〃     〃          2「不思議で幸せで怖かった」大塚英志サブカル評論家)
    • 29日 〃    〃           3「眼前を疾駆するような迫力−世界的文脈で位置づけを」三浦雅士(評論家)
    • 30日 〃    〃           4「存在からの直接発語−世界を凍らせるように」瀬尾育生(詩人)
  • 産経抄(死亡に触れている程度)
  • 図書新聞3058号(2012年4月14日)
    • 追悼特集吉本隆明「さらば!吉本隆明
      • 「日本の思想家・吉本隆明 権力について考え続け、最長不倒距離を刻んだ」橋爪大三郎
      • 「土台から崩れはじめた資本主義 大衆は思想的に『繰り込む』べきではなかった?」笠井潔
      • 「大人の論理と子供の感受性 吉本氏には『子供たちが感受する異空間の世界』への感性が並外れてあった」山城むつみ
      • 「思想も実践もわかっちゃいない 繭玉のように表現を紡ぐには、蚕のように静止しなければならない」最首悟
      • 「大河小説としての吉本隆明 この稀代の作家を、疑似原生林のようなものとして、遠く崇敬する」丹生谷貴志
      • 「半世紀の時間の向こうに 国を覆っていた党派性の支配にたたかいを挑む力業に、声援をおくっていた」栗原幸夫
      • 「『転位』、転向を続けた生涯 吉本さんの死を悼む」月村敏行
      • 「思想の自立を妨げた思想家 吉本氏の思想の態度が、思想という言葉を自立させるとともに、思想は魔語となってその語の若い人たちの言説を縛る罠となった」長崎浩
      • 吉本隆明さんを悼む とても<さようなら>なんて言えない」三上治
      • 「巨木、ついに倒る 生き生きした好奇心と、長年にわたり積み上げ練り上げてきた思考」粟津則雄
      • 「詩人吉本隆明 吉本隆明の『死後の名声』のために」野村喜和夫
      • 「壮絶な孤独 吉本が身を置き続けた『境目』は『底なしの深淵』にほかならない」合田正人
      • 「<疎外>としての心」金森修
      • 「世界に単独で対峙する文体 吉本隆明は、近くておよびがたい思想家だった」平川克美
      • 「孤独と母系 ある種の強固なナショナリストでもあった吉本隆明宇野邦一
      • リュウメイ(隆明)先生を弔う 東日本大震災を契機として試される”自立化”」川村邦光
      • 「『死の思想家』吉本隆明」神山睦美
      • 「長いお訣れ 吉本・花田論争に対するわたしの選択」松本昌次
      • 「幻想論の最後の堺位 吉本隆明の『共同幻想論』と『最後の親鸞高橋順一
      • 「三度現れた大衆主義原像 60年安保闘争が最も高揚しているのに、寒そうにしていた吉本隆明足立正生
    • 吉本隆明主要著作リスト  木畑壽信作成

   (註)これについては追悼文ではないが、吉本隆明研究会メンバーの吉本論のため採録

  • 「思想を生きる」聞き手笠原芳光京都精華大学40周年記念事業DVD(申し込みにより無料配布)

   (註)これについては追悼文ではないが、ご長女(漫画家)が精華大卒業生とい うことで親密な関係にあった故人の記念。

以上は「吉本隆明研究会」座長の森ひろし氏(京都精華大教員)の情報提供に俳愚人が追加整理したもの。