予告:句集「死刑囚大道寺将司全句集『棺一基』の衝撃」--『俳句界8月号』特集

お知らせです。

『俳句界8月号』に表題の特集が組まれています。

内容は、以下。


大道寺将司全句集『棺一基』より30句。

辺見庸インタビュー「死ぬのなら俳句のために」

[論考]

 倉橋健一、「友へ」から「棺一基」
 出口喜子、『大道寺将司全句集』について

[一句鑑賞]

 大城戸晴美
 玉石宗夫
 望月至高


[大道寺将司略歴]

 昭和23年北海道生まれ。
 東アジア反日武装戦線「狼」のリーダーとして爆弾闘争によるテロ遂行。
 天皇お召列車爆殺未遂、三菱重工爆破事件等で昭和50年逮捕。同62年死刑判決確定。
 平成21年癌が判明、闘病生活中。
 俳句は拘禁後、母親(故人)への手紙へ記したことから作句開始。獄中にて独学。
 過去二冊、『友へ』『鴉の眼』を刊行。今回辺見庸氏の尽力で太田出版より発行。