観ずに想う「代島監督『ゲバルトの杜』雑感

F君(K大院生)、映画の評は横においといて、哲学やってる人にしては尊厳だとかいう話はいかがかな?

「信念対立」はギリシャ以来の一貫した問題です。こんな内ゲバなど、世界史の文脈ではたいしたことはないともいえます。(体験世代としては大した事件ですが)

これは史上では、中世の宗教戦争であり、近代ではフランス革命、そしてスターリニズムの問題なのです。はっきりしていることは、前衛主義=ボリシェビズム/スターリニズムを掲げる限り内在させてきたということ。ですから、鴻上や代島の間違いは、新左翼党派も全共闘の区別もなく、70年学生運動が、以後政治アパシーを招いたという小熊らと同じデマをF君ら後続世代に刷り込んでいく粗雑な「歴史修正主義」です。何の学的エビデンスもありません。日本では共産党結党以来、多々ゲバルトやリンチは常態化してきました。その文脈のなかで描かれないとただの「事件」、「ゴシップ」となります。この内ゲバは、ですから共産党のパロディーに過ぎません。

事実60年安保敗北の総括から、決定的な方向性が全学連解体と共に提起されました。即ち非主流派であった革共同が強固な前衛を創出しようと提起し、共産党以上の組織づくりをしようとします。崩壊した全学連主流派であったブンドから多くの学生が流れました。

この時革共同は当然前衛主義をとったわけです。後に中核派革マル派は分裂して双子の兄弟として近親憎悪を激しくしていきます。

前衛主義は、私だけが唯一革命に最も近い正しさを体現している、他は全て反革命であるという信念を持った運動となります。反革命は殺せー「敵は殺せ」という信念の強さを持った党員が良き革命者としてたたえられる心理と組織体質を生みます。

哲学的課題は、正義とは何か、政治原理における普遍性とは何か、これをしっかり論じられない政治は、もう話にならないという処まできました。サンデルはじめ多くの哲学者の理論が出ました。しかし依然として世界は「信念対立」の殺戮が過激化しています。

間違えば「信念対立」の脱出口は内向きの個的領域でモンモンとするだけでしょう。しかし「信念対立」は、長い歴史的文脈のなかにあり、そのパースペクティブの上でしか解決できません。

映画としての評価はどのようなパースペクティブかは分かりませんので、直接言及しません。ただ熊野寮の中核も革マルも思想的総括派未だにしていません。(のはずです)。全共闘世代にも後続世代にも、これら「信念対立」を哲学的領野での課題としてきた哲学者はいます。(竹田青嗣西研など)ヘーゲル市民社会論、なかでも自由論と人権の相互承認論を押えなければ解答はないでしょう。党派の前衛主義者は、いきなりスターリニズムで革命運動に入り、近代思想の貴重な部分を全く知らない思想的社会的不適合者なのです。「敵は殺せ」というテーゼは広く戦争そのものでもあり、克服すべき課題です。

ということで、映画を観賞しましたら改めて感想を書いてみたいと思います。

Facebookのコメント抜粋より)

国民負担増、5公5民に至った貧民国家❣

恩着せがましい所得減税、自治体がその処理に悲鳴をあげている。
なぜ、普通は10月通して12月実施をなぜ6月なのだ?
明かに選挙に向けた買収工作と言えるのじゃないか❣
失われた30年以降の国民負担の増加、今や5公5民時代に至った経過をメモしておきます。
1,消費税
  1988年 3%
   1997年 5%
  2014年 8%
  2019年 10%
2022年度 
・消費税収入、国税収入21兆5730億円+地方税含め計27兆6590億
 円。
国民年金保険料、月額7700円→1万6590円と二倍以上値上げ。
2,2023年度
  復興特別所得税所得税に2.1%上乗せ。25年間継続。
  但し、国家公務員は3年間終了、企業は1年修了。
3,各種控除の縮小
  2013年、給与所得1500万円超えるた場合控除245万円の上限
  設定。
  2017年、給与所得控除の上限が1000万円超で220万円。
  2020年、給与所得額に関係なく控除は一律10万円引き下げ、
      850万円を超えると上限が195万円に縮小された。
      本来経費とされ控除された金額が所得として課税さ
      れていった。
  2018年、夫婦どちらかがの年収が1120万円超えると減額。
      1220万円を超えると控除0となった。
  2004年、配偶者特別控除は、全面廃止。
  2006年、老年者控除は、50万円認められていたが全面廃止。
5,相続税
  2015年、基礎控除3000万円+相続人1人当たり600万円に減額
      、基礎控除は4800万円に減額。
      (従来は5000万円+相続人1人当たり1000万円の
       基礎控除。例えば配偶者と子供2人の場合8000万円
       までは非課税無申告で済んだ)
       これによって、大都市の不動産所有者は被相続人
       の課税対象者が激増した。
6,医療費
  2021年、医療制度改革関連法案→勤労者の窓口負担が2割から
      3割負担へ。
  2022年度10月、老人の所得ランク付けを3ランクに分け、
      後期高齢者所得者の中所得者(年収200~383万円)
      の負担を1割から2割負担と倍増とした。
      それまでは、原則1割。現役並の383万円以上のみが
      3割負担だった。新たに「中所得層」区分を設定、こ
      の層がサラリーマン層の最も取れる厚い層であるた
      め狙い撃ちした。その数75歳以上の370万人。後期
      高齢者に負担が集中していることが解る。
      政府の本音は、「生産性」がない後期高齢者は早く
      死ねということだろう。

 

 
 

斎藤幸平『マルクス解体』読了簡単メモ

関西現象学研、
斎藤幸平「マルクス解体」読了。
一回で平らげるので、学術書は大変。
時代のニーズにあった環境問題をマルクスから引き出している点で、学べることも多かった。
文献解釈の本としてみると、労作であっただろうと推測できます。
 
特に、新プロメテウス主義の批判は、新左翼含めた唯物史観からくる生産力至上主義の過ちをみごとに批判しつくしており、新左翼諸君は読む価値があります。
 それは、現在新たなテクノジィーで自然との物質代謝過程の亀裂を克服するという加速主義をもみごとに批判し、彼はマルクス主義者として初めてコミュミズムの「低成長」を主張する。
資本主義のあまりに急激な成長を淘汰すること、あるいは労働者の協働(構想と実践の統合)の管理の元では、当然「低成長」になるのだと。それによる、人間の豊かさは倍増するのだと。
なお、第7章の労働社会の未来予測については、旧来同様の「夢」の感じもしないでもない。
この人は、企業や工場で働いた経験がないため、楽観的過ぎるんじゃないの、という感想。
不満と疑問点。
市民社会論がないーヘーゲルやってるのに自由の問題が語られない。唯物史観(生産力主義)批判の文献解釈学だから端折ったのか?
➋「個人所有」の概念がいきなり出てくるが、平田清明いらい曖昧の概念としていま一つ解らない。
➌「経済思想家」と自称するが、マルキストはやはりみんな革命論=権力論を語るのだがそれが皆無というのが、今時風なのかな。但し、本人はボランティア活動にいくつかかかわっているとのことだ。革命政治運動とは距離をとっている。
➍私の疑問は、自由の問題だ。生活の豊かさはどういうものか。
つまり資本主義での絶え間ない「希少性」は問題なことはわかる。しかし、ひと人がワクワクする、とか、新しい使用価値を手にしたり、生活シーンでのワクワク感=「麻薬としての自由感」は捨てて、何か別なワクワク感がありうるのか?
歴史的に、人間は自由の感覚、特に資本主義では自由の感覚が膨大に解放された時代だ。このところがいま一つイメージが湧かない。
 
本当は、今後折にふれてこの本に触れざるをえないだろうことを思うと、
もう少し丁寧にノートをとっておくべきだろう、と反省。
 
 
 

不快感でムカムカするー鴻上・代島らの無神経と全共闘のデマイメージ拡散

非常に嫌悪感を醸すYouTubeー「エアーレボリューション 学生運動とは何であったか」を見つけた。
鴻上と代島、白井と何とか学者、
真摯に必死に生きた学生のリンチ殺害死を、ヘラヘラ小ばかにしながらレビュー稼ぎの映画情宣のために利用している。
思った通り、鴻上は言う、「ゲバルトのあとみんな政治から遠ざかり、選挙にも行かなくなった」だと。
何の根拠もない、学的にそれが唯一の原因というエビデンスもない。原因ー結果という単純な近代主義
 全共闘世代より10歳ぐらい下のインポ世代は、何にもせずに全共闘世代のクサシだけに邁進ししているようにしか見えない。
リンチ場面を現場にいた者に聞き取った話で、忠実に再現していると誇る。殺された学生が白いセーターを着ていたのも血で真っ赤になったのも忠実に再現していると誇る。
鴻上は普通の学生がこういう酷いことをやったことを描いたと。
先日コメントした通りだ。三流週刊誌のゴシップの視線だ。
福井紳一さんが、この映画の情宣を取り上げ、ひとこと罵声を浴びせていたが、温厚な福井さんが感情宜しからぬものがあったのだろう。少し驚いたが、よく分かる反応だ。
この映画の何が、同時代を生きた者の反感をもたらすのか。
傷を塩で洗う痛みを嗤って見せるからなのか。
社会でなおかつ誠実にブルマスコミに無視されながら矛盾や新しい社会システムを作ってきた元全共闘世代の営みは、カント的な一つの倫理性を持ってきたのだ。
それにしても、橋爪大三郎はすごい。
彼は厳密には東大で全共闘体験はない、演劇をしていた。
だが、俗悪ABEMA番組で、パックンなどクズ芸人チンピラが、学生運動批判と無知をさらすと、正面から受けて、こんこんと反論し、鴻上と同じ政治アパシーを招いたという俗説には原因の一つであったかもしれないが、
しかし敢然と「あの時代世界的にスチューデントパワーは盛り上がり、全共闘以外の方法はなかった」と述べて、「ほかにやり方がありましたか?」と逆質問で畳みかけている。
橋爪は、経験者たちには容赦ない原理的な批判はしているが、ジャーナリスティクな俗論者にはこうして正論を述べるのだ。
経験者たちは、橋爪の学的理路からの批判には「転向者」レッテルを貼っているが、私にはとても納得できるものばかりだ。
態度としては、私と同じスタンスをとるので大した人だと思う。

世間は狭い❣中村丈夫につながる人脈の豊かさ

オッたまげた、世間は狭いなー。
横浜の「港北ジャーナル」の一人、大御所風のI氏から頂戴した『紙碑中村丈夫ー共産党から新左翼への70年』で判明した。
中村丈夫は共感して何度か雑誌論稿を読んだことがあった。
寄稿のI氏はその同志であり、同様寄稿している設楽清嗣氏もその一統のようである。
設楽さん、と私らは呼んでいたが、慶応大ブント出身だとしか知らなかった。
 私が自分の労働問題で大阪管理職ユニオンに関わったのは40を過ぎたころだった。大阪のキャップは中村さんと言って、彼もブント反青年委出身者だった。
東京の設楽ユニオンは強固な交渉力、過激な抗議行動で武勇を馳せていた。私は中村委員長からの伝聞だけだったが一度会ってみたいと秘かに願っていた。人への興味が人一倍強い私は、唐牛健太郎との晩年の付き合いをいずれ伝記風に書いてやろうと思って、ネタ探しをしている頃でもあったからだ。
残念ながら唐牛伝は、その20年後佐野眞一によってそのまんま『唐牛伝』となって出版された。だがその一部に私の唐牛の思い出を佐野が目ざとく見つけて、70全共闘世代からみた唐牛の在りようをメモしたものをちょこっと載せてくれた。
話がそれたが、ユニオン系労組が新左翼の残党で次々に設立されていった頃、設楽委員長は公安がもっとも監視対象としただろうと推測した。何しろ、鹿島建設労使紛争では、数十名の労組員と会社のピケラインを突破して、玄関ホールへなだれ込み占拠した。当然みんな逮捕されたと聞いているが、80年代?にもなってこんな過激な連中がいたんだと、胸が熱くなったことも記憶に新しい。一度設楽氏が大阪にきたことがあったが、所要であいにく会う機会を逸した。何のことはない、会ったこともない人物なのだが、むしろその方が心に残る場合もある。抽象的な観念性だけで収まる分にはピュア―に受け止められるが、生身の人間には生臭さや人格のいびつさをもろに突き付けられる場合があるからだ。
I氏は私の恩師教育大の2つ下のようなので、これまた懐かしい雰囲気がする。若くして死去した恩師の教育大時代の雰囲気をたっぷり聴けると嬉しい。本来なら私の人生の方向性を指示してくれた恩師とはまだまだ語りあいたかったのだ。
今でも深夜沸々と思いが湧いてくる時がある。
さてぼちぼち『紙碑中村丈夫』を好きなところから読んでいくとしよう。

同窓会と同窓の校友など知らないー58年後の初対面

土日月と故郷から東京を駆け巡ってきました。
同窓会は450人中出席者は71人。ほとんどが物故者と遠方者のため出席叶わずといったところ。なかには、物故者にリスト化されていた人もいたw
今回も痛感したのは、いかに影が薄い高校時代だったか、こちらも名前は知らない、顔を観たことがある程度の学友ばかり。
宴もはじけて、友人とスナックで飲んでいると、男女客が入ってきて、友人と親しく話始めた。彼らは私を当然しらないが、さっきまで同じ会場にいたので話題が同期してお互いを同期生だと理解した。彼も彼女も全く私のことを知らなかったのだ。
 名刺を渡すと、そいつが、ネット会社社長の後輩から危険な感じの本だが診てくれと預かっている本があるのだが、なんでも脅迫事件があって校友会誌に載っているその著者の文章を削除したんだといっていた、それはあなたか?と酔っぱらいながら再三問いかけてきた。友人がそうこいつだとばらすから、仕方なくあんたが持ってる本は多分間違いなく私の本だろうと告げた。感無量と言った風に頷いて、いやーこの人にぜひ会いたいと思っていたと。なんでも大道寺将司論に感動と疑問があって、会ってみたかったのだと。
本人曰く、立教大のフロントだったのだと、今夜は久しぶりに血が騒ぐと質問攻めにあった。
この歳になると知らなかった学友が、結構「極左」だったことが知れて、彼は一人ひとり名前をあげて消息を語ってくれた。
一番悲惨な奴は、解放派だったが、70歳まで公安に付きまとわれたとのこと。
ベトナム戦争拙稿NHK取材拒否事件で学校と対立して以降、私は完全に部室にひきこもった。この取材を受けることができていたら、多分私は希望通りジャーナリストの道を歩んだことだろう。若手の言論人として今のようなみじめな人生を終わることもなかっただろう。友人は5人程度しかいなっかた。
女子の一人は大学3年で学生運動の果てに自死、もう一人の女子は学生運動で大学中退し、三度の離婚をくり返し、波乱万丈の末50歳で自死、親友は青医連活動から小児科医となって脳性麻痺児の脳に瑕があることを発見、世界的発見であったが研究室の後継指名争いに敗北して45で自死。他の二人も既に鬼籍に入った。
私の高校世界は、そういうことである意味消失しているのだ。
東京は7年ぶりであっただろうか、変わっていて、記憶も薄くなっていて、参った。
(東京編へ続く)
写真:富士川鉄橋からの富士山、田子の浦港より富士山、
   田子の浦港、新宿すずやの豚カツ茶漬け。