思想

代島監督と加藤登紀子の「きみが死んだあとで」特別対談

www.youtube.com 60年代から70年代を熱く生きた加藤登紀子、 少し遅れて代島監督は、その世代を羨望のまなざしで見ていた。 半世紀たって、ベトナム反戦の羽田弁天橋に散った山崎博昭の存在を問い返す映画「きみが死んだあとで」を代島監督は創った。 加藤は…

ロックダウンもあってもいいのではないか?否せざるを得なくなる!

豊中市の感染者は一気に32人(水曜日)に拡大した。 今までせいぜい7、8人だったから4倍に増えたことになる。 大阪の今の拡大の勢いそのものを表している。 相変わらず維新の会吉村知事の無能は止まらない。 なぜ大阪市内の飲食店だけ規制するのか? いまや、な…

代島治彦監督『きみが死んだあとで』鑑賞ー1967年10月8日山﨑博昭の死

映画「きみが死んだあとで」―政治主義を超えていく文学の眼 望月至高 代島治彦監督の「きみが死んだあとで」は、「10・8山﨑博昭プロジェクト」主催による「2020大阪秋の集会」(11月3日火・祝日)で上映されたものでした。聞けば東京とほぼ同じ二…

映画代島監督『きみが死んだあとで』ー全共闘1967.10.8山﨑博昭の死の案内

映画『きみが死んだあとで』オフィシャルサイト (kimiga-sinda-atode.com) ※ 画面右上の✖印をクリックすると、資料編へ移行します。 ぜひご覧ください。

神が私を救うと確信するとき⋯?

個人的には激動の三ヵ月であった。 もちろん世の中は、コロナ感染収束の目途がたたず、激動と混乱と政府の無策の三ヵ月であった。 私的に抱え込む困難さが、社会が滅亡しようがどうでもよくなる。 社会は私の困難を解決しない。 社会は私の困難に無頓着だ。 …

「奔」6号掲載内容決定、秀逸力作ぞろい!!

(目次) 2P ■新型コロナ感染症から学ぶこれからのまちづくり 奈良女子大学教授 中山徹 20P ■子安宣邦著『「維新」的近代の幻想』を読む 京都産業大学名誉教授宮川康子 10P ■俳句 大井恒行 1P 今井照容 1P 綿原芳美 1P 大橋愛由等 1P 望月至高 1P ■コロナ禍は…

竹中平蔵の罪=日本の医療機関はまことに貧弱である、コロナによって顕在化したにすぎない、

医療関係9団体が、崩壊寸前であると発表した。 ロックダウンに通じる人の往来を禁止するよう政府と国民に求めた。 日本人の、慣れ、医学的知見を無視し、金の問題にすり替える、結果として棄民政策が常態化していることに強く警告するものであった。 個人規…

優生思想の法律が与野党賛成で可決!!「民法特例法」

阿部知子の指摘、「法律の優性思想概念―過ちを繰り返さない国に」 (朝日デジタル2020.12.19) 国会で生命倫理に関する法案が審議されることはごく少ない。かつ議論の継承性もない。 先日、国会閉会直前に駆け込むように成立した法案がある。生殖補助医療によ…

吉村大阪府知事は行政官失格である―仁坂和歌山県知事が痛烈批判(J-castニュース2020.12.12.)

「このままだと日本が危ないと思います」 和歌山県の仁坂吉伸知事が2020年12月10日に発信した、そんなメッセージが注目を集めている。 新型コロナウイルス感染症に関する「知事からのメッセージ」で、和歌山県のウェブサイトに掲載されている。 タイトルは「…

死ぬなよ、文句言っていいんだってばーーコロナ禍にロンドンのペストから考える

GOTOトラベルは、結局発着両方ではなく、着地域だけが停止。 そんなもので収まるとは思えない。 金金、確かに金だが、税金だ、国民が困窮するなら国民に直接休業・失業手当として支払え。 なぜ業者や企業に休業補償や金ばらまき政策をするのか。 何割かの金…

「再建社学同」ー「SECT6」をめぐって

福井紳一(日本思想史家)さんの連載(『出版人・広告人』2020.11月号)は、当時の左翼組織の表現が多いため、何度も読み直さないと意味不明の部分が多い。 福井さんの記述が不足であるということではない。当時の左翼学生の珍妙な言い回しのことである。 再建社…

バイデン民主党勝利はなぜできたのか、マスコミでは分からないこと。

アメリカ大統領選挙は、ほぼバイデンの勝利が見えてきた。バイデンは勝利宣言をして、過去に亡くなった妻と娘と息子の墓参を済ませたようだ。 トランプは証拠も示さず、不正選挙だとして訴訟にふみきるようだと言われている。 しかし陣営は不協和音と責任の…

長野県大鹿村リニア送電線工事のために樹齢300年のブナを伐採するのは止めてください!

わたしのふるさと、静岡県南アルプスの岩盤のもろい地底をトンネルで通そうとしています。 そうすると大量の水脈が失われ、県内中西部の水が枯渇し、飲料水と農業用水におおきな水不足を発生させることになります。 静岡県川勝知事は、トンネルの掘削を承認…

維新の会の政治手法について(1)

「維新の会の政治手法」 政治は権力取らない限り、理念は無意味、したがってあらゆる手法を使って権力を取るために活動する。 主なものは、有権者のマーケティングによって、何を求めているか徹底的に解析、「現実の課題に対応するために、これまでの主張に…

近刊本の紹介―高橋雄造著「高校生運動の歴史」明石書店

新刊本のご紹介です。 高橋雄造著「高校生運動の歴史」明石書店 ¥6300 近々出版されます。 著者は科学技術史家、1961年高校生安保体験者のようです。 1961年日比谷高校卒業後、勤評闘争を闘った方だと、教育ジャーナリストの小林哲夫氏が紹介しております。…

ガブリエル・ズックマン―「富裕層への課税」こそが世界を救う!!

気鋭の経済学者ズックマンが語る「格差はなくせる」(1) 米巨大企業の「隠し財産」64兆円を発見したトマ・ピケティの弟子 2016年、世界の富裕層による何兆ドルもの脱税を暴いた論文で一躍、脚光を浴びたのがフランス出身の若き経済学者ガブリエル・ズックマ…

ユーミンにたいする批判、白井聡氏への橋下徹の批判はブーメランワッハッハー

白井聡氏の松任谷由実に対する「死んでほしい」発言が炎上している。 目立ちたがり屋の安倍友右翼橋下徹が、「知性」がないとディスっているからだ。 この橋下に賛意のコメントがかなり寄せられたが、くだらなすぎる。 橋下の言う「知性」など、ただアホとい…

白井聡さんの安倍晋三退任についての感想(忘備録)

白井聡さんが、白井節炸裂されています。 大変共感しますし、また核心をついています。 ただ、天皇の代替わりにおける、憲法解釈改憲は、時代を象徴する九条と並ぶ戦後体制の要を壊したという意味で、かなり重大問題なのだがそこは余り触れられていません。 …

目黒区第9中学校高橋副校長の高校生への弾圧事件ー日本自治委員会HPのご案内

jpjichi.wixsite.com この卑劣な高橋副校長の告発は日増しに強まっています。 ネットには、過去に高橋にパワハラを受けた精神的肉体的被害があったことの告発も出てきており、人権蹂躙の常習者と思われます。 幼児性愛と同じく、この手の性癖は教育者の適確…

高橋副校長は、第9中学校の教育理念を逸脱している、欠陥教師の疑いがある?

高校生を私人逮捕した高橋副校長のいる目黒区第9中学校の教育目標は、HPにはこのように書かれている。 * 人間尊重の精神を基調として 自主 主体的・対話的な深い学びをする生徒を育成する。 努力 あきらめずに向上心をもって努力する生徒を育成する。 信…

目黒区第9中学校高橋副校長のファッショ的高校生弾圧を糾弾する❕

東京の目黒区第9中学校で前代未聞、とんでもない事件が起きている。 高校生が、学校の授業問題で、配慮に欠ける人権問題ではないかと訴えるビラを街頭で配布。 場所が目黒区第9中学校の近くだった。 すると、その中学校の高橋副校長が、なぜか校外まで出張…

厚労省保健所は相変わらず重症患者にしかPCR検査をしない、という医師の告発!

筆者が、保健所で理不尽な対応をされて、抗議のブログを書いたのは2月のことだった。 その後少しは改善したのかと思っていたが、どうもそうではなく相変わらず厚労省保健所は、市民の医療システムの外にたって研究的観点で対応していることが市中病院に混乱…

太田隆文監督の「都知事選に思い出したこと」―リベラル正義のアポリア

『奔』5号の編集も佳境にはいってきました。 沖縄戦を豊富な最近発掘された史実を駆使して、太田隆文監督が映画『沖縄戦』を撮られました。 今号はプロモーションを兼ねて、この作品への思いを寄せてくれています。 また太田監督の反原発映画「朝日のあたる…

図書館職員の説明が納得できない、独善的ではないのか?

図書館とは何か、疑問がいつも出て、豊中図書館員と話すといつも後味が悪い。一冊もったいないから、新品本を寄贈したいが、蔵書がだぶるといけないからちょっと調べてほしい、というとこのような答えが返ってきた。受け取りますが、不要なら廃棄処分します…

竹田青嗣著『欲望論』を遅ればせながら読むー読書会の開始

竹田青嗣さんが、「原存在信憑」という概念を提示しているが、西研さんの本を読んできた者とすると、初めてぶつかった言葉でいかにも難解だなという印象だった。いい悪いということではなく、新たなタームを作らないといけなくなるほオリジナリティーな体系…

山本義隆さんは、「コロナとオリンピック」にこんな風に思っている

元東大全共闘議長の山本義隆氏が、新型コロナパンデミツクに簡単な感想を述べています。 実にわれらが世代の共通認識は、思想的にも強い紐帯を感じさせてくれるものです。 そのままコビー掲載しておきます、思考の一助となれば幸いです。 コロナとオリンピッ…

防衛とパンデミックを混同する改憲「緊急事態条項」は味噌糞一緒

山梨県の20代女性の乱行は、一種の傷害罪に相当する。 こうした事例を盾にした改憲の「緊急事態時要項」は意味をもたない、的外れだし、国民のためにはならない。 しかし、近代国家である限り、「自粛要請」という道徳ないし同調圧力による国民同士の監視…

鈴木康裕(厚労省医系総監)が国民を殺していく、利権と権力まみれの新型コロナ対策!

PCR検査をしなかったことが感染の蔓延を招いたのは明らか! 緊急事態宣言の全国拡大は不適切で無責任!~岩上安身による医療ガバナンス研究所理事長上昌広医師インタビュー第3弾 厚労省のコロナ対策のラスプーチン、医務総監鈴木康裕。(医系技官のトップ) …

新型コロナ対策中間レビュー、「疫学は疫学で、倫理で語るな」。

吉本隆明の箴言が改めて光る。 吉本の「反原発運動批判」を批判し、吉本は原発継続を肯定している、という頓珍漢な批判を誤読だと書いた。(『俳句のアジール』) このコロナ問題をみていると、 もっと単純に理解できるだろう。 「疫学は疫学で、倫理で語る…

人倫の学識が通じない、新型コロナは未知なる戦争である!

私は、LINEのピンボケなアンケートではあったが、初めて応答した。LINEは登録はしているが、ほとんど使ていない。ネットでの署名など誰がどうしているのか不明瞭なので、一切応答したことはなかった。しかし本物か確認をとり、周囲にも応答を呼びか…